交感神経が優位すぎるとき

嗅覚から脳へ伝わるルートは3つあります

ひとつは前頭葉に伝わるルート
他の感覚からの情報と統合します

もうひとつは海馬につながるルート
記憶の情報が引き出されます

そして今日お伝えしたいのは
扁桃体から視床下部へ伝わるルート

視床下部では自律神経系に作用していきます

ご存知の通り
自律神経には
交感神経と副交感神経があり

常にバランスよく働くことで体内を一定に保ちます

やる気に満ち溢れている
ワクワクしている

自律神経が優位だと良い状態のような気もしますが
これが行き過ぎると体調を崩します

それも、ここぞという大事なときに。

遠足の前日とかに熱出す、というやつです(~_~;)

ちょっと興奮状態が続いているなと感じたら
自分でリラックスを心がけましょう

あと、パソコンに集中しているとき
ポテチが食べたくなったり

なんか疲れているときや
ストレスを感じているときに
カップラーメンが食べたくなるとか・・・

ジャンクなものに惹かれるときも要注意!

交感神経が優位になりすぎています

交感神経が優位になると
刺激的なものが欲しくなり
自然の味では物足りなさを感じます

たまにならまだしも
これが続くようだと要注意です

睡眠にも影響してきます

気になる症状がご自身や
ご家族に見られたら・・・

ダウナーと呼ばれる
鎮静効果の高いアロマで副交感神経を優位にしてみる

例えばサンダルウッド、パチュリのような重ための香りや
言わずと知れたラベンダー、カモミール
柑橘系であればベルガモットあたりがオススメです

と言っている私の家族も
「ワーカーホリック」で
まさにジャンクフードばかりを欲しがっており
常に緊張感がある様子(T ^ T)

これは早急にケアしなければいけないですね

 

メールマガジン『自分を創る処方箋』
アロマでセルフケアをして
毎日の暮らしが楽しくなるような術をお伝えしています♪

ご登録はこちらから
https://resast.jp/subscribe/87232

 

 

関連記事

メルマガ登録

「自分を大切する女性」を増やすことを使命とし、憂鬱な月曜日に少しでも力になるべく「自分らしさのエッセンス」をテーマとしたメルマガ配信中

 

資生堂の元研究員が伝える心とお肌を癒すオーダーメイドなアロマコスメ 海と山に囲まれた湘南・逗子発信の『Hanako Labo』メルマガ登録

 

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

最近の記事

PAGE TOP