カモミールティーの効果的な飲み方

ハーブティーとして有名なカモミール

カモミールにはジャーマンカモミールと
ローマンカモミールがありますが
ハーブティーとして飲まれているのは
「ジャーマンカモミール」

その香りを知る人にとっては意外かもしれません。

なぜならジャーマンカモミールは独特の
薬っぽい香りがして
癒し効果があるような香りではないからです。

それに対してローマンカモミールは
りんごのような甘い香りが特徴的なので
てっきりハーブティーにはこちらが飲まれているものと
思っても仕方ないです。

ピーターラビットの話にも出てきますね。

お腹を壊したピータに
カモミールミルクティーを飲ませていました。

カモミールには胃腸を整える作用があるのです。

そしてミルクに煮出すというのがポイントで

ハーブティーでは抽出されない
油性成分を取ることができるのです。

 

アロマを知る方でしたら
カモミールジャーマンと言えば

抗炎症効果の高い成分「カマズレン」
が思い浮かぶかと思います。

カマズレンはハーブには含まれません。

元々はマトリシンが
水蒸気蒸留で化学反応を起こし
カマズレンに変わるのです。
(青い色が印象的です)

 

キク科なので
ブタ草やヨモギなど
キク科アレルギーのある方は避けてくださいね。

 

 

関連記事

メルマガ登録

「自分を大切する女性」を増やすことを使命とし、憂鬱な月曜日に少しでも力になるべく「自分らしさのエッセンス」をテーマとしたメルマガ配信中

 

資生堂の元研究員が伝える心とお肌を癒すオーダーメイドなアロマコスメ 海と山に囲まれた湘南・逗子発信の『Hanako Labo』メルマガ登録

 

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

最近の記事

  1. 2021.10.24

    譲れない想い
PAGE TOP