アロマ資格認定校

Category
並べ替え
ストレスホルモンを出すか、幸せホルモンを出すか

ストレスホルモンを出すか、幸せホルモンを出すか

「アロマテラピーインストラクター講座」 9月の試験に向けて 「解剖生理学」は講座の山場 難しいところもありますが 身体の中で起こっていることを理解するのは 生活習慣を見直すきっかけにもなります その中に「内分泌系」の内容も含まれるのですが その内分泌腺から放出される「ホルモン」 たくさんの種類がありますが 「ストレスホ...
51 PV
アロマの扉を開けるとき

アロマの扉を開けるとき

毎年5月、11月に 「アロマテラピー検定試験」が行われます 独学で学んで受験される方も多いです 試験勉強のためだけでなく もっとアロマを楽しみたい! と思ったら 「アロマテラピーアドバイザー講座(検定対応)」 のご受講をおすすめします https://hanakolabo.com/news/kentei/ 香りを確認し...
20 PV
アロマテラピー初めの一歩

アロマテラピー初めの一歩

「アロマテラピー初めの一歩」 アロマのことが全くわからなくても安心して受講できる講座です 受講された方は 精油の名前もわからないとおっしゃって 「フランキンセンス?」なんて 聞いたこともないカタカナのようでした ただ五感の中で嗅覚が一番 ご自身の中で敏感だと感じていて アロマテラピーってどういうものなのか そこが知りた...
51 PV
香りは一期一会

香りは一期一会

同じ香りは二度とない 植物の精油はもともと持っているものではなく 育っていく環境で副産物として出来上がっていくものです だからその土地の土壌や日照条件、気候に大きく作用されます 同じ場所でとられたとしても 毎年同じ香りになるとは限らない むしろ違って当たり前なのです 精油は多くの有機化合物の集合体で その構成は複雑です...
45 PV
ナチュラルフレグランスとは

ナチュラルフレグランスとは

植物の芳香成分は もともと持っているわけではなく 成長の過程で作られていきます 当然、天候とか土壌とかに大きく作用されます だから 毎年香りが変わることだって普通にあるのです 変わってしまうものを メーカーは使いたくないです たとえ天然のものを一部使っても 標準品と比べて差がない あるいは許容範囲内であることが必須です...
55 PV
向こう岸にしかないもの

向こう岸にしかないもの

まだ見たことのない景色は 現在地からでは見えません 素晴らしい景色をみたければ 思い切って踏み出してみる 一歩踏み出したら 後に戻れないように さらにもう一歩踏み出してみる 欲しいものは不安の先にあります 怖いけど進むことは 何かを捨てたり、犠牲にすることではありません 今までの失敗やつらかったことは 全て向こう岸に渡...
43 PV
皮膚と脳はつながっている

皮膚と脳はつながっている

「皮脳同根」 という言葉を聞いたことありますか? アロマテラピーインストラクター講座で 「解剖生理学」 を学ぶのですが まず最初に細胞から始まり 生命の誕生について理解していきます 受精卵は分化を続け 胚葉と言われる細胞層を形成します 胚葉は外胚葉、中胚葉、内胚葉の3つに分化し 外胚葉からはは神経系、表皮などが作られて...
16 PV
1年前とは違う自分になる

1年前とは違う自分になる

11月も半ばになりました そろそろ来年の手帳を探したりする頃でしょうか 今年1年を振り返る時期になってきます 私が会社員の頃は 年度の目標などを計画して提出するので それが達成できているのか また、来年はどうするのか 上司と面談して話し合ったりして決めていました 会社としては 成果が出ていないのは困りますからね でも個...
37 PV
譲れない想い

譲れない想い

家族が大切だから いつも優先順位は家族が一番 でもその前に自分を大切にしてあげないと 本当の意味で家族を大切にできません 家族が大切だからこそ 日常の家事、暮らしを楽しみたい 自分も大切な家族も幸せになる それが譲れない想いであり 自分らしさ 我が家はステップファミリーです 家族との関わり合いかたは かなりデリケートな...
65 PV
エビデンスに基づくアロマとは

エビデンスに基づくアロマとは

「エビデンス」 もうだいぶ浸透している言葉かと思いますが 根拠とか証拠という意味合いです。 私のバックグランドとして 化粧品会社の研究員からスタートし 品質管理業務に長年携わっていたことから 「エビデンス」のないものは正直お話にならないのです(^_^;) 新入社員で配属された香料研究室では 「香り」という数値化しずらい...
16 PV