ナチュラルフレグランスとは

植物の芳香成分は
もともと持っているわけではなく
成長の過程で作られていきます

当然、天候とか土壌とかに大きく作用されます

だから
毎年香りが変わることだって普通にあるのです

変わってしまうものを
メーカーは使いたくないです

たとえ天然のものを一部使っても
標準品と比べて差がない
あるいは許容範囲内であることが必須です

安定した香りを
お客様にお届けするには
合成の香料を使います

合成香料といっても
その由来は植物原料や石油原料など多岐にわたります。

天然香料に含まれる成分を取り出したものを
「単離香料」と言います

例えばペパーミントなどに含まれる
「メントール」

「単離香料」の化学構造と全く同じ化合物を
化学的に合成したものもあります

有名なのが
ローズ精油に含まれる
「フェニルエチルアルコール」

ローズ精油はとても高価ですし
このような合成香料はよく使われています

精油成分を深く学ぶために
このような合成香料を使って
「イミテーションの香り」をゼミで実習しています

かなり近い香りになります!
確かにこの成分なんだな、と実感します

私がお伝えしているフレグランスは
「ナチュラルフレグランス」

合成香料は使わず
精油だけを使用してブレンドをします

私は化粧品会社の新入社員だった頃
チーフパフューマーのアシスタントをしていました

たくさんの合成香料
稀少な天然香料

香水だけでなく
ボディーシャンプー、ヘアケア
その他スキンケアなど

長〜い処方を調合していました

体に強い香りが染み込み
電車に乗ると振り返られたりしてました(T . T)
(男性用の香りだとかなりつらい)

でも精油だけで組み立てられた香りは
そこまで強く残ることはないです

なので私は
アロマを学んでからようやく
自分の意思で香りを身にまとうようになりました

私のように強い香りが苦手な方も
きっと好きになれる

ぴったりの香りが自然の中にはあるはずです♡

一緒に探してみませんか?

アロマブレンドデザイナーコース開講します

https://hanakolabo.com/オンライン/どんな香りを身にまといますか?/

 

 

関連記事

メルマガ登録

「自分を大切する女性」を増やすことを使命とし、憂鬱な月曜日に少しでも力になるべく「自分らしさのエッセンス」をテーマとしたメルマガ配信中

 

資生堂の元研究員が伝える心とお肌を癒すオーダーメイドなアロマコスメ 海と山に囲まれた湘南・逗子発信の『Hanako Labo』メルマガ登録

 

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

最近の記事

PAGE TOP