アロマバスタイムの過ごし方

外に出かけられない時の
気分転換にオススメなのが

昼夜かまわず
「お風呂に入ること」

疲労回復・血行促進・リラックス・リフレッシュ
と効果があります^ – ^

そしてバスタイムにアロマを使うのは
とても効果的なアロマテラピーになります。

精油にあるリラックス効果だけでなく
デトックス、保湿、引き締めなどの作用を
嗅覚・呼吸器・皮膚と3つのルートから吸収できるからです。

ですが、ここで注意していただきたいことがあります!

直接、精油をバスタブに入れてはいけません!

精油は水には溶けないので
お風呂でプカプカ浮いてしまいます。

そのまま精油の原液が肌についてしまい
刺激になってしまいます。

入浴剤としてアロマを使用する場合は
希釈するための基材が必要です。

よく使われるのが「塩」

実はこの塩も「分散」されているようですが
「乳化」はしていません。

「乳化」というのは
水と油が混ざった状態ですが

「塩」と「精油」は混ざりません。

専用のバスオイルを使用すると安心です♪

簡単にできるバスパウダーをご紹介します♡

まずあらかじめ精油を無水エタノールに希釈しておきます。
(精油はエタノールに溶けます)

無水エタノール5mLに精油を1〜5滴
(刺激の少ない精油を使います)

それを大2の重曹に加えて混ぜるだけです^ – ^

重曹は肌当たりも柔らかくなるので
オススメですよ♡

関連記事

メルマガ登録

「自分を大切する女性」を増やすことを使命とし、憂鬱な月曜日に少しでも力になるべく「自分らしさのエッセンス」をテーマとしたメルマガ配信中

 

資生堂の元研究員が伝える心とお肌を癒すオーダーメイドなアロマコスメ 海と山に囲まれた湘南・逗子発信の『Hanako Labo』メルマガ登録

 

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

最近の記事

  1. マルセイユ石けん 季節の石けん キッチンソープ ハンドソープ
PAGE TOP