アロマバスタイムの注意点

今日は満月ですね!

バスルームからお月様が見れたらいいなぁ〜と思うのですが
キャンドルを灯してのんびりお風呂に入ります♡

こちらはハチ蜜の森キャンドルのミツロウキャンドル

そしてもちろんアロマバスに!

今夜は週末に作ったバスボム♪

バスタイムにアロマを使うのはとても効果的なアロマテラピーです。
嗅覚・呼吸器・皮膚とすべてのルートで吸収できるからです。

ですが、ここで注意が必要です。

「精油は水に溶けません」

直接、精油をバスタブに入れるのは絶対にやめてください。

溶けない精油がプカプカと浮いて、原液が皮膚につく恐れがあるからです。
精油は濃縮された濃度の濃いものなので、原液を肌につけてはいけません。

入浴剤として使用する場合は希釈するための基材が必要です。

よく使われるのが「塩」
実はこの塩も分散されているようですが、乳化はしていません。

「乳化」というのは水と油が混ざった状態ですが
「塩」と油は混ざりません。

ですのでバスボムも実は完全ではありません。
精油も滴数を少なめにして、多少リスクがあることも覚えておいて欲しいのです。

心配な場合は、「バスオイル」を使うと間違いないですよ。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP